主人公、反ノ内 拓也(そりのうち たくや)は、 地方の建築会社に勤める平凡なサラリーマン。  毎日、イヤミな上司に小言を言われ、 悶々とする日々を送っていた。
 そんな梅雨のある日、
10日間の東京出張を命じられる。
 
 面倒くさいと思いつつも、
背くわけにもいかず、一路東京へ。
 そこで彼を待っていたのは、
初めて見る満員電車だったのだ。

 無防備にも、薄い夏服の女子校生OL達が主人公の体に密着…。
 押し付けられる豊かな胸。
 甘いシャンプーの香り。
 雨のために、ブラジャーの
ホックまで透けるほど濡れ、
苦痛に顔をゆがめる官能的な
美少女達…。

――さわってみたい――
 主人公は出来心から、
女性のヒップにふれてしまう。
 一瞬、いやがられるかと
不安がよぎったが、その女性は
怯えてきっており、ただ震えるばかり。
 その臆病なさまによって、
彼の内に秘めていた雄の性癖は
解放されていくのだった。

 こうして痴漢行為に味をしめてしまった主人公。  ソフトタッチがやがてヒワイな動きになり、 スカートを、パンティをはぎとるようになって…。

 果たして、彼は無事に10日間の出張を終えることができるのか?
 待っているのは、冷たいコンクリートの奈落の底か?
 はたまた地上の楽園か!?